つくも会とは

昭和45年琵琶楽協会新春名流会にて 当時の錦穣一門
右より水藤五朗、藤波桜華、水藤錦穣、左端が白林

右)藤波桜華 左)藤波白林近影 平成28年

つくも会
錦琵琶奏者藤波桜華と藤波白林親子で構成する錦びわ研究集団。宗家水藤錦穣の遺した芸の保存と 現代琵琶界の更なる発展を目的としています。
※本サイトは以上の趣旨を持ってつくも会が独自かつ個人的に発信しているものです。

錦鶴山 藤波櫻華 [きんかくざん ふじなみおうか] 錦琵琶演奏家 錦琵琶師範 皆伝
昭和29年錦琵琶に入門、錦心流錦琵琶宗家水藤錦穣(1911-1973)の内弟子として修行に励む。師水藤錦穣の記録を担当、宗家晩年まで錦琵琶の採譜係を務めた。
NHK邦楽技能者育成会2期生(昭和31年 琵琶人初)
日本琵琶楽協会会員

藤波白林 [ふじなみしろき] 作曲家 琵琶演奏者
琵琶演奏家の母藤波櫻華と詩吟家の父の間に生まれ、2歳から琵琶唄/詩吟/民謡を習い3歳で初舞台。琵琶歌を母に、吼山流吟詠を父、民謡歌唱は三浦節子、川崎マサ子、金沢明子、佐藤善郎に師事、コロムビア少年民謡隊、津軽三味線初代木田林松栄演奏会等で民謡を歌う。十代からはロックに傾向、バンド[トラブルメー カーズ]ではベースとヴォーカルを担当する。現在は舞台制作会社で邦楽/洋楽を問わず音楽製作/監修もしている。
NHK邦楽技能オーディション合格
錦びわつくも会主宰
日本琵琶楽協会会員

コメントは受け付けていません。