琵琶歌データベース

現代琵琶の古典曲(明治期から戦後昭和40年頃)の作詞目録です、随時更新中。
[データベース目次]
トップページのリンクボタンからもご覧いただけます。

最近琵琶発達史(大正11年刊)  目次
琵琶読本 吉村岳城著(昭和8年刊) 目次

Posted in その他コラム, 資料集

[大正琵琶奇譚] ワレ幇間二非ズ 

お読みいただく前に
これは小説です。登場人物は実在ですが伝聞を参考にした読み物としてお楽しみ下さい。
2020年6月 記
Continue reading

Posted in 読み物

NHKFMで放送します。

去年の録音ですが、諸事情で再放送して下さるそうです。ご興味ある方は是非お聞き下さい。インターネットラジオからも聞けます。ラジル☆ラジル

NHKFM 邦楽のひととき 6月29日(月)11時20分より、 翌朝5時20分再放送。
城山 作/勝海舟 作曲/永田錦心 藤波白林

Posted in その他コラム

作詞家 水藤安久

水藤安久(すいとうやすひさ)、錦穣の養父水藤枝水の甥で本名は田村安久、「あんきゅう」とも読む。水藤錦穣と同性ではあるが血縁はなく、十代から和洋を問わず芸能に親しみ、特に文学的造詣は深い。日本舞踊の藤蔭家で主に文筆業の食客をしていた。水藤家に同居していた事もある。手がけた作詞は少ないが、主に錦琵琶曲の潤色、脚色で細やかな修正を加えた作は多い。浅野晴風/水藤錦穣版掛け合い勧進帳の潤色は彼である。

生年は不明ながら明治40年代、没年も不明。

Posted in その他コラム

琵琶歌 六号潜水艇

本作は、訓練中に沈没した潜水艦の事故を扱った琵琶歌で、琵琶新聞社社員であった守田橋外氏が作歌、琵琶新聞15号誌上(明治43年6月)にて発表したものです。編者は筑前の松岡旭岡師の録音を所持しておりますが、薩摩琵琶でも弾じられた記録があります。

六号潜水艇  作 守田橋外
雲と涌き         山と崩るる千丈の
浪に眠れる海若も     潮に囁く鯨鯢も
鰭をおさめて今こそは   悲愴悲惨を極めたる
勇士の死をば諫めむめり

時は明治四十三年春四月  空花曇る十五日
第一潜水艇隊は      吉川司令の命により
呉軍港にほど近き     玖波湾頭の朝汐に
舳艪ふくみて七隻の    影は波間に浸しつつ
疾風驟而を駈る如く    縦横無碍の操練に
変幻自在の潜航を     試みつつもありけるが
最後の沈下を終わりし時  通風筒の故障にて
六号艇は只独り      己が僚艇に残されて
緑やよどむ海原の     十尋の底に入りしまま
浮かぶ瀬もなき運の末

この時佐久間艇長は    長谷川原山両中尉
其の他の部下を励まして  応急排水に努めしも
進入したる海水に     配電盤を冒されて
電灯遂に消えたれば    満艇忽ち真の闇
今は施す術もなし     さかまく怒濤狂乱の
二十重に連なるるそが中に 一挙巨艦を覆す
力はあれど隼の      翼は既に折られたり
はや是までと思いけん   佐久間大尉は一同に
最後の命を伝へつつ    司令塔下にと退きつ
心静かに沈没の      理由を認めその奥に
部下の遺族の行く末を   守り給へよこの世にて
思い残すはそれのみと   血を吐く思いの筆(文字)の跡
花も実もある猛夫の    心の中こそ床しけれ
斯かる中にも艇員は    燃ゆる電䌫の悪瓦斯に
むせびながらも艇長の   命を忘れず最後まで
身に負う務めつくせしも  呼吸迫りて程もなく
勇将猛卒血に咽び     恨みを呑んで玖波湾の
水漬かばねと消えにける

友を波間に失いし     僚艇六隻を始めとし
花に恨みの妻而や     初菱時而初雲に
四隻も是に前後して
波間波間に求むれど    沈みし艇の影もなし
あかねを染めし夕雲の   波に浸せる影を見て
それかと行けば夕千鳥   潮に咽びて泣くばかり
かくて母艦豊橋が     救いし時は程すぎて
かかる悲報を伝えけり   ああ壮烈悲惨なる
六号艇の我が勇士     怒濤を蹴って海原に
敵の巨艦を屠りたる    勲はなくも国の為
君の為にと尽くしける   そのま赤心は国民の
心に永く刻まれん     心に永く刻まれん

ら行に戻る

Posted in 資料集

作詞家 原田謙次

原田謙次氏は、非凡な語学力を活かしイタリア文学の翻訳を手がけ、公職退官後は邦楽の作詞に専念し、琵琶歌等数多くの著作を残した方です。

left

原田謙次[1893-1971]

明治26年、佐賀の旧士族の家に生まれ、長崎で幼少期を過ごす。大正元年上京して旧制一高入学、同4年早稲田大学では英文学を専攻、日本文学も研鑽を積み、大学時代は文学者佐佐木信綱に師事して和歌の手ほどきを受ける。のちに吉江喬松島崎藤村にも師事する。

大学卒業を機に文学研究生活に入り、イタリア大使館の通訳官奉職の傍ら、各種邦楽の作詞を始める、その後外務省に勤務するも、特に琵琶の作詞には力を入れ、新しい琵琶歌を次々創作する.

昭和38年「びわ源氏物語特集」として第十八回芸術祭参加公演を主催、全ての出展作品を自作するなど、晩年まで琵琶歌の作詞に尽力した。その作品数は百余を数える。

昭和46年小平の自宅で老衰のため死去、享年78歳。

 

Posted in その他コラム, 資料集

薩摩系琵琶リレー

Youtubeに薩摩系琵琶4名による白虎隊の連続演奏を公開しております。

吉岡悠水 (錦心流)
小野寺江水(錦心流)
藤波白林 (錦琵琶)
熊田かほり(鶴田流)

錦心流・錦・鶴田流4名の白虎隊琵琶リレー

Posted in その他コラム

演奏自粛のお知らせ

昨今の新型肺炎流行を受けて、本年の演奏その他活動をしばらく自粛しております、
ご了承下さいませ。

つくも会主宰 藤波白林

Posted in 演奏会ご案内

錦号者名簿

以下は琵琶新聞昭和15年5月号(第345号)椎橋松亭氏の「松亭慢録(二)」より抜粋、明治大正当時の帝国琵琶周辺の雰囲気がわかり大変興味深い文書です。

錦翁在世中に授与せし錦号の数
明治36年より初代吉水錦翁が錦の字の雅号を授与した数は僅かに合計105名に過ぎぬのであるがその中より幾多の名手を輩出している。 Continue reading

Posted in その他コラム

岡本文弥ラジオインタビュー

これは昭和48年5月8日、新内浄瑠璃の岡本文弥[四代目1895-1996]が急逝した水藤錦穣の告別式の日にラジオの取材で故人水藤錦穣の事について伝えている放送のエアチェックです。※途中まで

岡本文弥ラジオインタビュー 19730508

Posted in その他コラム