Category Archives: 資料集

びわ新曲 扇の的 (昭和6年)

85年前、昭和6年12月12日の東京朝日新聞芸能欄。この日錦琵琶水藤錦穣の新曲[扇の的]が初めてラジオで放送された。

Posted in 資料集

唐人お吉

アーカイブに富田桜国と母藤波の音源「唐人お吉」をアップしました。 [音源 -唐人お吉- 富田桜国 絃:藤波桜華] 昭和43年5月5日 於:足利市民会館大ホール

Posted in 資料集

水藤錦穣の城山

昭和31-2年頃の貴重なリハーサル音源です。琵琶人なら説明不要の名曲、いつもの五弦ではなく四弦を弾いています。 [音源 -城山- 水藤錦穣]

Posted in 資料集

会津公演ポスター(昭和32年)

当時の水藤錦穣一門巡業時のポスター。 昭和32年8月 於 会津若松市謹教小学校講堂。 紹介されている戦争悲曲 -嗚呼祐助-「会津母子草」とは、錦心流琵琶を弾く角田歌水(うた)さん親子に起きた悲しい実話を錦穣先生が琵琶歌に […]

Posted in 資料集 | Leave a comment

[映画]琵琶トーキー石童丸(昭和11年)

琵琶トーキー石童丸 昭和11年新春公開 監督 辻吉朗 琵琶演奏 水藤錦穣 録音収録は昭和10年11月

Posted in 資料集 | Leave a comment

水藤錦穣ディスコグラフィ

錦琵琶水藤錦穣の公式に発売されたレコードです。 水藤錦穣の生きた名演が聴けますが現在全て絶版、入手困難です。 ※ほかに他演奏者と併せたオムニバス盤もありますがここでは除きます。

Posted in 資料集 | Leave a comment

筑前琵琶 その2

智定(旭翁)の上京 此の動機について頗る古典的な話がある。それは「三日続けて朝日が昇るところを排する夢を見た。ハテ妙なこともあるものだ。朝日が昇る方は東である。予て上京したい希望に悶えているから斯かる夢を見るのであろう、 […]

Posted in 琵琶変遷史, 資料集

筑前琵琶 その1

筑前琵琶のはじめ 薩摩琵琶が、島津家の保護の下に不変の伝統を維持してきたのに対して、筑前琵琶の方は、特に保護を受けるものもなく、室町時代以後漸次衰微の状態になり、盲僧は生活困窮の結果門付けをなし、漸く生活を維持し、甚しき […]

Posted in 琵琶変遷史, 資料集

薩摩琵琶 その2

薩摩琵琶の普及 斯くて薩摩琵琶は、 (一)明治10年冬、吉水錦翁が上京し、続いて西幸吉も上京し、この両人が明治14年5月9日、東京府下袖ヶ崎の島津邸で薩摩琵琶を天聴に達し、世に広く行われる気運を作ったこと。 (二)吉水、 […]

Posted in 琵琶変遷史, 資料集

薩摩琵琶 その1

薩摩琵琶の起源 島津忠良と長寿院 安土、桃山時代から江戸時代の初めにかけて、薩摩の忠良(日新斎)、其子貴久、其子義久、舎弟義弘、歳久、家久の如き明王、英将が上に出、下に新納武蔵、山田昌厳等の豪傑が出て、島津家中興の時代を […]

Posted in 琵琶変遷史, 資料集