松野紫雲 -琵琶界を内側から支えた市井の詞人-

松野紫雲 (まつのしうん 1895-1981) は本業食料品店経営の傍ら夫人の愛する現代琵琶楽の為に作詞を提供した作詞家、本名=三浦忠。夫人は錦心流琵琶演奏家の三浦蓮水。

松野紫雲

宮城県出身、学校卒業後上京し、初め横浜の輸入食料品店大村屋に就職、業務で3年余り中国に滞在ののち帰国するも大正13年の関東大震災で店が焼失、銀座亀屋に勤めを変え大阪の第一号店支店長として関西移住。昭和5年兵庫県西宮市夙川駅前に食料品店”つるや”を開く。以後同店経営を通して地元夙川の発展に尽くす。
琵琶曲作詞は昭和33年妻の三浦蓮水が第一回琵琶演奏会を大阪三越劇場で開催した際、来演した錦琵琶宗家水藤錦穣の名演に心動かされ、妻蓮水の勧めもあり琵琶曲作詞を試みるようになる。以後筆名を松野紫雲と号し、大小様々な作詞を提供するに到る。代表曲は楊貴妃、屋島懐古、琵琶塚、弁財天等、総じて18に及ぶ。
昭和56年2月26日、腎不全の為に永眠、享年86。

ペンネーム”松野紫雲”は経営するつるやの銘菓「紫雲」にちなむ。

 

Posted in その他コラム

コメントは受け付けていません。